ÉGALITÉ ONLUS協会の会員としての入会申込書

//
  • 任意団体の規約を読んだ;
  • 構造の民主的な性質、関連する立場の選択性と無償性を共有する。
  • 任意団体が促進する社会的連帯の目的を認識する。
  • 彼に対するいかなる犯罪行為も存在しないことを宣言する。

尋ねる


Égalité ONLUS 協会のメンバーとして認められること。

署名者は、有効な法規定および有効に構成された団体の決議を遵守することを約束します。

に示されているように個人データを処理するための承認 egalite.orgのプライバシーポリシー


アートに基づく情報。 13 D.LGS。 196/2003



親愛なるミスター/ミセス
アートに従って。 13 政令 196/2003 (「個人データの保護に関する規約」)、以下 TU と呼ぶ。
言及されている個人データの処理に関する個人およびその他の主題の保護を管理する規則
Associazione Égalité ONLUS が取得された場合、次のことを通知します。
1. データ処理の目的。
治療は、協会自体が推進する制度的目的の実現のみを目的としています
法定規定の範囲内で、立法令の規定に準拠して。 196/2003。
2. データ処理の方法。
に。 処理は、示された操作または一連の操作によって実行されます。
アートへ。 4段落1文字。 a) TU: コレクション、登録、組織、保存、
相談、加工、改変、選択、抽出、比較、利用、
データの相互接続、ブロック、通信、キャンセル、配布。
b. 操作は、電子ツールのサポートの有無にかかわらず実行できます。
ただし、自動化されています。
c. 治療は、所有者および/または治療担当者によって行われます。
3. データの提供。
個人データの提供は、ポイント 1 で言及されている活動を実行する目的で厳密に必要です。
4. データ提供の拒否。
ポイント3で言及されている場合に、利害関係者が個人データを提供することを拒否すると、それが不可能になります
ポイント1で言及された活動を実行するため。
5. データの伝達。
個人データは、処理担当者に知られ、言及された目的のために開示される場合があります。
ポイント 1 では、外部の協力者、および一般に、コミュニケーションが必要なすべての対象者に対して
ポイント1に示された目的の正しい履行。
6. データの開示。
個人データは開示の対象とはなりません。
7. 海外へのデータ転送。
個人データは、欧州連合の国々および欧州連合に関する第三国に転送される場合があります
1.の目的の範囲内。
8. 利害関係者の権利。
アート。 7 TU は、利害関係者に特定の権利の行使を許可します。これには、所有者からの確認を取得する権利も含まれます。
個人データが存在するかどうか、およびそれらをわかりやすい形式で利用できるようにすること。 利害関係者に権利がある
データの出所、処理の目的と方法、適用されるロジックについての知識を持つこと
所有者およびデータが伝達される可能性のある対象者の識別詳細の処理。 利害関係者が持っている
さらに、データの更新、修正および統合、取り消し、変換を取得する権利
匿名で、または法律に違反して処理されたデータのブロック。 利害関係者は、理由により異議を唱える権利を有する
正当な、データの処理に。
9. 治療の保持者。
データ管理者は、ローマに本拠を置くAssociazione Égalité ONLUS、Lungotevere di Pietra Papa 111 / D.
データ処理者は秘書の Michele Santarella です。
署名者は、アートに従ってデータ管理者によって提供された情報を取得しました。 立法令第13号。
196/2003、アートに従って。 前述の法令の23は、そのデータの処理全体に同意します
情報に示されている操作を実行するため、およびデータを通信するために必要な個人データ
情報に示され、それらによって扱われる対象は、
法律と契約。
私の同意がない場合、協会は上記のサービスを提供できないことを承知しています。




署名者
アートに従ってデータ管理者によって提供された情報を取得しました。 立法令第13号。 196/2003、同意する
個人データの処理、特に、同じデータが
アートによると、「機密」データのカテゴリに分類されます。 4段落1文字。 d) アートと同様に。 立法令 26/196 の 2003。